カテゴリー別アーカイブ: 社会・政治

「天才・石原慎太郎」田中角栄についての本の感想や内容

政治家として過激な発言など稀有な存在感を示す石原慎太郎氏ですが、そんな石原慎太郎氏がさらに稀有な政治家である田中角栄元総理にについて論じています。

田中角栄氏と言えばロッキード事件など汚職やダーティーなイメージの強い政治家ですが、そんな彼は類まれなる交渉力や人間力で、これまでの政治家の勢力図を塗り替えるほどの活躍をしていきました。

異端の政治家がこれまた異端の政治家のことを述べた本書ですが、現代の政治家には底知れぬ魅力を垣間見ることが出来ます。


目次
書籍の内容・まとめ
評判・口コミ
天才の電子書籍・試し読みなど販売情報
中古・古本など
読書メーター・分析


スポンサーリンク




書籍の内容・まとめ

高等小学校卒という学歴ながら『日本列島改造論』を引っ提げて総理大臣に就任。比類なき決断力と実行力で大計の日中国交正常化を実現し、関越自動車道や上越新幹線を整備、生涯に30以上の議員立法を成立させるなど、激動の戦後政治を牽引した田中角栄。

その経歴から総理就任時には「庶民宰相」「今太閤」と国民に持てはやされ、戦後では最高の内閣支持率を得たが、常識を超える金権体質を糾弾され、総理を辞任。その後、ロッキード事件で受託収賄罪に問われて有罪判決を受けるも、100名以上の国会議員が所属する派閥を率い、大平・鈴木・中曽根内閣の誕生に影響力を行使。長らく「闇将軍」「キングメーカー」として政界に君臨した。

そんな希代の政治家・田中角栄といえば、類まれな権謀術数と人心掌握術に注目が集まるが、実はスケールが大きいわりに人一倍デリケートな一面があった。浪花節と映画をこよなく愛する、家族思いの人情家だったという。
強烈な個性をもったリーダーが不在の今、自らも政治家として田中角栄と相まみえた著者が、毀誉褒貶半ばするその真の姿を「田中角栄」のモノローグで描く意欲作。

評価・レビュー

「政治の天才」故・田中角栄氏の人生を、石原慎太郎氏が田中角栄さん本人の視点で一人称で綴る作品であり、数ある「角栄本」を読んだ中でも衝撃度という意味では本書が一番だったかなと思えた。」

「本書で描かれる主人公田中角栄と彼の語る世界からは裏の裏も、権力や栄誉に対する野心や、欲望や、執着もほとんど感じることができず、ただ単に淡々と生い立ちからその死までを主人公自身が語る内容になっている。」

「「政治の天才」故・田中角栄氏の人生を、石原慎太郎氏が田中角栄さん本人の視点で一人称で綴る作品であり、数ある「角栄本」を読んだ中でも衝撃度という意味では本書が一番だったかなと思えた。」

天才の電子書籍・試し読みなど

現在本書はアマゾンKindleストアをはじめ、電子書籍で購入することが可能です。

読書メーター・おすすめ

ツイッター・SNSで呟かれているワードから天才を分析

「面白い」「興味深い」

中古・古本など

現在の所幻冬舎・天才の中古古本の情報は確認出来ていません。古本が最も早く出るのがアマゾンマーケットプレイスになりますので、下記のリンクから最新の情報をご確認下さい。

オーディオブックの有無
現在本書はオーディオブックでの販売は行われていません。

アマゾンで最新の価格を確認する

スポンサーリンク