カテゴリー別アーカイブ: 百田尚樹

カエルの楽園・百田尚樹のネタバレとあらすじ

このページでは百田尚樹の新作「カエルの楽園」のネタバレや内容を解説しています。


目次
カエルの楽園のあらすじ
ネタバレを含む感想
カエルの楽園の続編・文庫本出版情報


スポンサーリンク



カエルの楽園のあらすじ

ここではカエルの楽園のあらすじを見ていきましょう。

安住の地を求めて旅に出たアマガエルのソクラテスとロベルトは、平和で豊かな国「ナパージュ」にたどり着く。そこでは心優しいツチガエルたちが、奇妙な戒律を守り穏やかに暮らしていた。ある事件が起こるまでは―。平和とは何か。愚かなのは誰か。大衆社会の本質を衝いた、寓話的「警世の書」。

ネタバレを含む声

ここでは百田尚樹さんのカエルの楽園に関するネタバレを含む声を掲載しています。

「カエルの楽園では日本に似たカエルの国が出てきますが、そこで起こる様々な出来事は今の日本を痛切に風刺しています。そこは百田尚樹さんならではの辛辣でありながらハッとさせられる指摘で、今の日本を抱える問題の根本を覗き見れます。」

「今の日本が抱える問題は様々なものがありますが、決してテレビの報道ではその一角さえも問われることはありません。百田尚樹さんがテレビのコメンテーターとして活躍する機会もめっきり減りましたが、Twitterやその他のメディアでの過激な発言は未だ衰えを見せません。カエルの楽園でもそうした過激な内容でありつつも、ガリバー旅行記のような巧みな風刺を用いながら現代を鏡のようにあらわしています。普段ニュースなどを見ている方も決してテレビだけでは分からない日本の問題を垣間見ることが出来るので、ぜひ一読をおすすめします」

「著者のその他の評論などでは過激なものが多いですが、カエルの楽園ではマイルドでありながら百田氏のエッセンスを覗き見ることが出来ます。ネタバレになりますが、カエルの楽園に出てくるハンドレット・朝日など様々な登場人物を当てはめながら見るとより楽しめると思います」

カエルの楽園の続編・文庫本の出版情報

まだ公表はありません。

スポンサーリンク