カエルの楽園・百田尚樹の口コミ

このページでは百田尚樹作のカエルの楽園の口コミや内容を掲載しています。


目次
カエルの楽園の内容まとめ
口コミと評判をチェック
読者メーター「面白い?」「難しい?」など


スポンサーリンク




カエルの楽園の内容まとめ

安住の地を求めて旅に出たアマガエルのソクラテスとロベルトは、平和で豊かな国「ナパージュ」にたどり着く。そこでは心優しいツチガエルたちが、奇妙な戒律を守り穏やかに暮らしていた。ある事件が起こるまでは―。平和とは何か。愚かなのは誰か。大衆社会の本質を衝いた、寓話的「警世の書」。

口コミと評判をチェック

ではカエルの楽園の口コミを見ていきましょう。

「ニュースでの過激な発言で若干の苦手意識もあった百田尚樹さんですが、小説はやはりすごいの一言です。海賊とよばれた男で大感動して早く新作を読みたいと待ち望んでいましたが、今回のカエルの楽園も海賊とよばれた男や前作と比べても名作と言える素晴らしい内容でした。カエルを持ち出すことで今日本が抱えている問題を浮き彫りにした現代の名作だと思いました」

「あまり政治的な内容の濃い話は苦手なのですが、カエルの楽園は面白おかしくあっという間に読むことが出来ました。百田尚樹さんならではの読みやすい文体で読書嫌いの私でも本当に楽しく読めます」

「海賊とよばれた男で百田尚樹氏の才能に感服しましたが、今回のカエルの楽園も前作に増して百田氏の鋭い世界の見方が体現された素晴らしい内容でした。テレビでの立ち居振る舞いで苦手意識を持っている方にも、そうした先入観を捨ててぜひ読んで欲しいとおすすめしたい内容になっています」

読者メーター「面白い?」「難しい?」など

ではカエルの楽園を実際に読んだ方が感じた事をSNSなどから抽出しまとめています。
カエルの楽園と一緒に呟かれているキーワード

「ためになった」「面白い」「zipで紹介されていて読んだ」

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です