カエルの楽園の内容と感想

このページでは百田尚樹・カエルの楽園の内容をまとめ、また読者の方の感想などをまとめています。


目次
カエルの楽園の内容のまとめ
読者の感想をチェック
百田尚樹のその他のおすすめ書籍は?


スポンサーリンク



カエルの楽園の内容のまとめ

最大の悲劇は、良心的な愚かさによってもたらされる。
ベストセラー作家が全力で挑んだ、衝撃の問題作。

安住の地を求めて旅に出たアマガエルのソクラテスとロベルトは、豊かで平和な国「ナパージュ」に辿り着く。
そこでは心優しいツチガエルたちが、奇妙な戒律を守って暮らしていた。
だがある日、平穏な国を揺るがす大事件が起こる――。

著者自らが「私の最高傑作」と断言。
大衆社会の本質を衝いた、G・オーウェル以来の寓話的「警世の書」。

読者の感想をチェック

ではカエルの楽園の感想を見ていきましょう。

良い感想・
「あの登場人物は誰のこと、と考えながら読んでいます。例えば
「自分たちを悪だと説くデイブレイク = 夜明け = 夜明け(朝)に出てくる陽は?」
「ナパージュ = NAPAJ = 逆から読むと?」
「ハンドレッド = 100 = 名字が”百”から始まる口の悪いオッサンは誰?」

など読みながら当てはめると楽しめます。百田尚樹さんならではの鋭い指摘にハッとしながらもワクワクして読んでいます。

「ガリバー旅行記のようなファンタジーでありながら、考えさせられる風刺に満ちた内容です。最近では日本を絶賛する書籍やテレビが目立ちますが、改めて私達が住む日本について考えさせられます。

悪い感想
「くだらない。こんな本をありがたがるなんてお花畑思考も良い所だ。こんな本がベストセラーになるなんて日本の出版会も終わりだ」

百田尚樹のその他のおすすめ書籍は?
「海賊とよばれた男」「風の中のマリア」

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です